青木内科・消化器クリニック 〒830-0032 福岡県久留米市東町2-3 TEL: 0942-30-6030
トップ 施設のご案内 実際の検査について アクセス


あくなき診断向上のために
診断の向上には、研鑽をつんだ「人の目」と常に最新の医療技術が必要です。内視鏡検査においては、微細な病変をも見逃さない精度の高い画像が求められます。
当院では、2007年6月より通常検査:上部内視鏡(胃カメラ)・下部内視鏡(大腸カメラ)にハイビジョンCCDによる内視鏡検査を導入しております。ハイビジョン機器の導入により、高画質画像による内視鏡検査を実現しています。

最新の医療技術の導入
微細な変化を光のコントロールで観る。今まで通常の光では見えにくい病変をわかりやすく照らしだす「特殊光観察」(オリンパス社製オプトデジタル技術):2007年6月より導入しました。診断に最適化された光(狭帯域光観察/NBI)を使うことにより、診断しやすい特徴的コントラストのついた画像を粘液の影響を受けることなく得ることができます。
(写真右)

安心と安全へのこだわり
当院では、感染防止対策に万全をきしています。開業当初の1998年より内視鏡機器消毒にいち早く自動洗浄機を導入してきました。その感染防止へのこだわりは今も変わりません。以来のアルデヒド系の消毒から、さらに優れた消毒力を持ちつつ、人と環境にもやさしい「過酢酸」消毒を現在用いています。また、処置器具に関しても超音波洗浄機を用いたメーカー指定の3段階を経た消毒法を用い万全の感染防止対策を行っています。

■X線検査室
胸部・腹部のX線検査とX線透視機器も設置しており、透視下バリウム検査にも対応しています。

■診察室・超音波検査室
超音波検査は、無害で苦痛もなくそれで
て腹部臓器(肝臓・胆嚢・すい臓・腎臓・脾臓)のたくさんの情報を得ることができます。当院では、必要な時にすぐに検査して頂けるように診察室にカラードプラ機能を有する超音波検査機器を設置しています。